日本の課題は債務整理

 日本の課題はだれがどうみても債務整理といえるのではないでしょうか。今は欧州が大きくとりあげられていますが、日本の債務残高は欧州で一番問題視されているギリシャよりも圧倒的に多いですし、債務の対GDP比でくらべてもギリシャなど問題にならないぐらい日本の債務は多いのです。つまり債務の問題でいえばギリシャよりも日本のほうが問題なのです。単にさわがれていないだけなのです。ギリシャなどでは公務員の給与削減などで暴動がおきたりしていますが、同じことが日本でおきるぐらいでないとおかしいともいえるのです。政府はそれぐらい厳しく債務整理をしないといけないのですが、これがそれほど大きくとりざたされないのは、この日本の債務を日本人が国債で補っているからです。ギリシャは外国人が補っているのです。このちがいがおおきいのです。このちがいがなぜ大きいかといいますと、自国内の人が国債を持っていた場合、政府は国債を買い取るお金がなくてもいざとなれば、お札をバンバンすれば解決できてしまうからです。政府がバンバン大量にお金をするとハイパーインフレとなって、物価が高騰して大混乱になるため、そのようなことは基本的にはしないのですが、どうしても仕方がなければ、最終手段として、そのようなことをとることができるのです。 ですが、国外の人が国債を持っていた場合は自国のお札をバンバンすっても、その価値が暴落するだけですので、よその国の国債をかいとれません。そのため日本はそれほどさわがれないのです。ですが、危機的な状況にあるのですから、債務整理を急がなくてはならないでしょう。