債務整理でなぜ借金が返せるようになるのか

最近コマーシャルなどでもよく耳にする債務整理。借金返済で払いすぎている場合があるだとか、払いすぎたぶんが戻ってくるかもしれないだとか、そのへんまではなんとなく知っているけれど、ちょっと難しそうなイメージです。債務整理を大ざっぱに説明すると、多重債務で返済の目処が立たなくなってしまったという場合に、借金の減額や金利の免除ができる手続きのことです。手続きには裁判所を通すものと通さないものがあり、借金の額や返済能力に応じて4つの段階があります。軽度のものから順にあげると、任意整理・特定調停・民事再生・自己破産となります。自己破産についてはご存知の方も多いと思いますが、資産をすべて没収される代わりに借金をすべて帳消しにできる措置のことです。この自己破産の認知度が高いために、家や財産を没収されてしまうイメージが先行してしまいますが、実際そこまでいかない軽度のものであれば、何かを没収されることなく、借金を減らすことができるのです。お金を借りておいて、返済額を減らせるなんて道理に合わないと思われる方もいるでしょう。ではなぜ返済額が減るのか。多重債務に陥った人は金利の高い貸金業者にお金を借りている場合が多いです。基準を超える利率は違法ですから、債務整理の手続きを踏むことによって支払う義務がなくなるわけです。多重債務者のほとんどは、借りた額そのものよりも、法外な金利に苦しむ場合が多いので、金利が免除されることによって返済の目処が立つようになるのです。

none